抗ガン漢方薬「天仙液」でガン予防。資料を無料でお送りしております。
【販売実績200万箱突破のスターリミルク】がパワーアップ!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大腸がん
大腸癌とは、大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生する癌腫であり、大腸粘膜のあるところではどこからでもがんができます。アメリカでは三番目に多いがんで、がんの死亡原因として二番目に多いがんでもあります。
 
 日本での大腸癌の発祥はは近年増加傾向にあり、2015年頃には胃癌を抜くとも可能性もあると予測されています。50歳代付近から増加し始め、60歳代に多くみられます。大腸癌の発生には遺伝的因子と、さらに生活習慣(肥満や飲酒や加工肉、動物性脂肪の取りすぎ)などの環境的因子が関わっていると言われています。
 大腸がんが進行していくと大腸組織を越え、胃や小腸、膀胱なのど周辺組織へ広がっていきます。またこの途中に転移を起こし
いたるとろこに広がっていきます。
 大腸がんは早期発見できれば、内視鏡的切除や外科療法により完治することができます。また、手術を受けた後に再発することもあります。再発の8割以上は術後3年以内に発症しています。手術してから5年以上再発しないことを完治の目安としています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。