抗ガン漢方薬「天仙液」でガン予防。資料を無料でお送りしております。
【販売実績200万箱突破のスターリミルク】がパワーアップ!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大腸がんの症状として
 血便、便が細くなる、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなど排便に関する症状がおおくみられます。特に注意しなくてはいけないのが血便です。よく痔と勘違いして受診が遅れる人がいます。がんによる血便では肛門痛がなく、どす黒い赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出ることがあります。さらにがんが進行すると腸閉塞症状、腹部膨満感、嘔気、嘔吐などの症状がでます。
 日本では便潜血検査という健診うけられる。これにより肉眼にわからない出血を発見できる。自覚症状がない早期のうち発見できるよう定期健診を受けることが望ましい。


大腸がんは、早期であればほぼ100%近く完全治癒が可能です、ですが、一般的には自覚症状はありません。大腸がんの発症が多くなってくるのは50歳代からですので40歳になると定期健診を受けることをお勧めします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。