抗ガン漢方薬「天仙液」でガン予防。資料を無料でお送りしております。
【販売実績200万箱突破のスターリミルク】がパワーアップ!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大腸がんの検査方法としては

①バリウム注腸二重撮像法:
肛門からバリウム溶液を注入し、一緒に空気も注入します。それにより大腸や直腸の内面をX線写真をとります。この検査でがんの位置や大きさ、腸の狭さなどがわかります。しかし、内視鏡より実施が容易であるが放射線を使用するため被爆の可能性もあり何かあったとき検ができないという理由で日本では、この方法より大腸内視鏡に大腸疾患診断のほうが行われることが多い。

②直腸指診:
医師が、ゼリー(潤滑剤)を付けた手袋をはめ、指で直接、直腸に異常がないか触診する。簡単に実施できる診察である。しかし肛門から数センチの所までしか診断できないという欠点がある。

③便潜血検査
便に血液が混ざったり付着していないかを調べる検査。肉眼ではわからない、便に潜んでいる血液を発見することができる。

④大腸内視鏡:
肛門から内視鏡(ライトの付いたビデオスコープ)を挿入して、直腸から盲腸まで挿入し、大腸内部から大腸粘膜を詳しく観察するを検査。大腸内に便が残っていると十分な検査ができないので、検査当日は大腸内をきれいにしてから検査を行います。現在では大腸疾患を診断する方法として中心となっています。ポリープ、腫瘍、炎症などの異常があれば、良性か悪性かを調べるために病変の一部を採取できる。適応があればポリープ、早期癌が発見された場合に除去する内視鏡手術が施される。

⑤CT断層撮影法
放射線を利用しコンピューターで画像診断します。これらの検査の進歩は目覚ましいが、大腸癌の有無自体を調べるのには向いていません。がんの進行具合や転移を調べるために用いられます。

⑥血液検査
血液の検査でがんを診断する方法です。CEAとCA19-9と呼ばれるマーカーが一般的で、上昇していないかどうかを調べます。しかし、大腸がんを早期発見できる腫瘍マーカーはまだ存在しません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。