抗ガン漢方薬「天仙液」でガン予防。資料を無料でお送りしております。
【販売実績200万箱突破のスターリミルク】がパワーアップ!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康

大腸とは

大腸とは
大腸は約2mの長さがあり、小腸より肛門に近い部位に位置します。大腸の最初の6フィート(約1.8m)を結腸といい、大腸の最後の6インチ(12.5cm)が直腸と肛門管です。肛門管の端が肛門になります。大腸は身体の消化管システムのひとつです。消化管システムは食事から得られたビタミン、ミネラル、炭水化物、脂肪、蛋白質、水分などの栄養素を消化吸収し、また老廃物を体外に排出する役割を担っています。また、排泄されるまでの間、貯留される部位でもあります。
スポンサーサイト
大腸がん
大腸癌とは、大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生する癌腫であり、大腸粘膜のあるところではどこからでもがんができます。アメリカでは三番目に多いがんで、がんの死亡原因として二番目に多いがんでもあります。
 
 日本での大腸癌の発祥はは近年増加傾向にあり、2015年頃には胃癌を抜くとも可能性もあると予測されています。50歳代付近から増加し始め、60歳代に多くみられます。大腸癌の発生には遺伝的因子と、さらに生活習慣(肥満や飲酒や加工肉、動物性脂肪の取りすぎ)などの環境的因子が関わっていると言われています。
 大腸がんが進行していくと大腸組織を越え、胃や小腸、膀胱なのど周辺組織へ広がっていきます。またこの途中に転移を起こし
いたるとろこに広がっていきます。
 大腸がんは早期発見できれば、内視鏡的切除や外科療法により完治することができます。また、手術を受けた後に再発することもあります。再発の8割以上は術後3年以内に発症しています。手術してから5年以上再発しないことを完治の目安としています。
大腸がんの症状として
 血便、便が細くなる、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなど排便に関する症状がおおくみられます。特に注意しなくてはいけないのが血便です。よく痔と勘違いして受診が遅れる人がいます。がんによる血便では肛門痛がなく、どす黒い赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出ることがあります。さらにがんが進行すると腸閉塞症状、腹部膨満感、嘔気、嘔吐などの症状がでます。
 日本では便潜血検査という健診うけられる。これにより肉眼にわからない出血を発見できる。自覚症状がない早期のうち発見できるよう定期健診を受けることが望ましい。


大腸がんは、早期であればほぼ100%近く完全治癒が可能です、ですが、一般的には自覚症状はありません。大腸がんの発症が多くなってくるのは50歳代からですので40歳になると定期健診を受けることをお勧めします。
大腸がんの検査方法としては

①バリウム注腸二重撮像法:
肛門からバリウム溶液を注入し、一緒に空気も注入します。それにより大腸や直腸の内面をX線写真をとります。この検査でがんの位置や大きさ、腸の狭さなどがわかります。しかし、内視鏡より実施が容易であるが放射線を使用するため被爆の可能性もあり何かあったとき検ができないという理由で日本では、この方法より大腸内視鏡に大腸疾患診断のほうが行われることが多い。

②直腸指診:
医師が、ゼリー(潤滑剤)を付けた手袋をはめ、指で直接、直腸に異常がないか触診する。簡単に実施できる診察である。しかし肛門から数センチの所までしか診断できないという欠点がある。

③便潜血検査
便に血液が混ざったり付着していないかを調べる検査。肉眼ではわからない、便に潜んでいる血液を発見することができる。

④大腸内視鏡:
肛門から内視鏡(ライトの付いたビデオスコープ)を挿入して、直腸から盲腸まで挿入し、大腸内部から大腸粘膜を詳しく観察するを検査。大腸内に便が残っていると十分な検査ができないので、検査当日は大腸内をきれいにしてから検査を行います。現在では大腸疾患を診断する方法として中心となっています。ポリープ、腫瘍、炎症などの異常があれば、良性か悪性かを調べるために病変の一部を採取できる。適応があればポリープ、早期癌が発見された場合に除去する内視鏡手術が施される。

⑤CT断層撮影法
放射線を利用しコンピューターで画像診断します。これらの検査の進歩は目覚ましいが、大腸癌の有無自体を調べるのには向いていません。がんの進行具合や転移を調べるために用いられます。

⑥血液検査
血液の検査でがんを診断する方法です。CEAとCA19-9と呼ばれるマーカーが一般的で、上昇していないかどうかを調べます。しかし、大腸がんを早期発見できる腫瘍マーカーはまだ存在しません。
大腸がんの治療法としては、早い段階で発見できれば、内視鏡的切除や外科療法で完治することができます。
 早期でリンパ節転移の可能性もなく癌が粘膜内にとどまっていると予想される場合、内視鏡的治療が適応されます。ポリ-プを内視鏡にて切除します(内視鏡的粘膜切除術)
 開腹手術をしない為、非常に患者さんに負担の少ない治療法です。数日間の入院(ほとんどが1日)ですみます。
 内視鏡的治療では対応できない場合は手術が必要になります。少し進行した状態でも外科手術により完治が見込まれます。さらに進行し肺、肝臓、リンパ節や腹膜に転移し外科手術が切除困難な場合は放射線療法や科学療法が施されます。
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。